難聴の名医や有名な病院

ネットで話題の難聴改善法のご紹介

太陽の恵み

「太陽の恵み」は、耳鳴り・難聴・更年期の症状の予防・改善を目的としたサプリメントで、ご購入者されたお客様からは、日々、喜びや感謝のお言葉を沢山頂いております。


>> 詳細はこちら

1 今野 清志

この方法は、現在までに5万人以上の方の難聴を改善へと導き、9割の方が改善した事が証明されています。


>> 詳細はこちら

2 南輪明希

1日たった9分の簡単なトレーニングを自宅で自分ひとりで行い、わずか28日で大幅に改善した難聴改善プログラムがあるとしたら、あなたも試してみたいと思いませんか?

>> 詳細はこちら

名医のいる病院や有名な病院を紹介

難聴に関する日本全国の有名な病院や名医のいる病院を紹介しています。

 

神の手やスーパードクターと言われている医師も在籍している病院や、先進医療の導入を進めている病院もご紹介できると思います。

 

難聴はひどくなる前に治療するのがベストです。

 

北海道・東北

北海道 青森県 岩手県 秋田県 山形県 宮城県 福島県

関東

東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県 栃木県 茨城県

北陸

新潟県 石川県 福井県 富山県

中部

愛知県 三重県 岐阜県 静岡県 山梨県 長野県

関西

大阪府 京都府 兵庫県 滋賀県 奈良県 和歌山県

中国

広島県 岡山県 山口県 島根県 鳥取県

四国

徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

難聴の原因は?

難聴は自覚症状がないケースが多く、耳鳴りが起こっていても難聴だとは思っていない方がいるようです。難聴には様々な種類があるように、原因も様々あります。原因を予め知っていれば防ぐことの出来る難聴もありますので、今回は難聴の原因について少し説明したいと思います。

 

伝音性難聴の場合、耳の外耳、もしくは、内耳に何か障害が起こり、音を伝える機能に支障をきたしていることが原因です。また、伝音性難聴は中耳炎が原因で発症することも多い難聴だといわれています。

 

中耳炎は耳鼻科で治療をすることが出来ますが、近年、若い人達に多く見られるのがヘッドホン難聴です。これも伝音性難聴の1つで、原因はその名の通り、ヘッドホンなのです。最近では、携帯音楽プレーヤーやiPodなどが流行し、若い人達がヘッドホンで音楽を聴くことが日常的になりました。

 

大きな音で音楽を聴き続けることにより難聴になるのですが、ヘッドホン以外にもライブハウスなどで長い時間大きな音を聴き続けると耳がキーンとしてしまいますよね。あの状態が長く続くのも、音響難聴と言って難聴の一種です。このように、大きな音が難聴の原因となることもあります。

 

難聴になる原因は、音や耳の機能障害だけではありません。ストレスが多い現代社会で、食事が不規則であったり、仕事が忙しくて、なかなか思うように睡眠時間をとることが出来ないなど、生活習慣が乱れてしまっている方が多くいらっしゃると思います。

 

この生活習慣の乱れも、難聴の原因の1つです。生活習慣が乱れ、ストレスを上手く解消出来ないことから、うつ病になってしまったり、自律神経失調症になってしまう方もいます。こういった心身の疾患なども、難聴の原因だといわれているのです。

難聴の種類は?

難聴と一言で言っても、全く聴こえない場合や聴こえにくい場合など、様々なケースがあると思います。難聴にもいくつかの種類があり、耳の機能に障害が起こっている場所によって、難聴にも違いがあるのです。

 

例えば、耳には伝音器と言って、体外の音を振動に変えて体内に伝える役目をしている部分があります。ここは、耳の外耳・中耳と言われている部分になります。この部分に機能障害があって、難聴が起こっている場合を「伝音性難聴」と呼んでいます。

 

また、体内に入ってきた振動を電気信号に換えて、脳に伝える役目をしているのが感音器なのですが、ここは耳の内耳・聴神経と言われている部分です。この部分に機能障害があり、難聴が起こっている場合を「感音性難聴」と呼んでいるのです。

 

伝音性難聴の場合、現れる症状としては、音が伝わりにくくなるので、小さい声だと聞き取りにくかったりします。ただ、補聴器をつければ聴こえるようになることが多いようです。

 

それに、伝音性難聴の場合は、手術や治療を行っていくと症状が改善されるケースも少なくないでしょう。

 

感音性難聴の場合、言葉が上手く聞き取れなかったり、間違って聴こえてしまうケースが多いです。そのため、1対1の会話であれば大丈夫ですが、会議のような大人数での会話が難しくなるそうです。

 

それに、大きな声を出して会話をしてもらったとしても、その音量に合った聞き取りが上手く出来ないことも多々あります。感音性難聴においては、現代の医療では治療法がなく、改善が難しいと言われています。