難聴-名医のいる病院や有名な病院

ネットで話題の難聴改善法のご紹介

1 今野 清志

この方法は、現在までに5万人以上の方の難聴を改善へと導き、9割の方が改善した事が証明されています。


>> 詳細はこちら

2 南輪明希

1日たった9分の簡単なトレーニングを自宅で自分ひとりで行い、わずか28日で大幅に改善した難聴改善プログラムがあるとしたら、あなたも試してみたいと思いませんか?

>> 詳細はこちら

おたくふく風邪と難聴

皆さんは、おたふく風邪をやったことはあると思いますか?おたくふく風邪と言えば、はしかや水疱瘡と同じく、小さい頃、たくさんの方が当たり前の様にかかっていた病気ですよね。ですが、このおたふく風邪により、難聴になってしまうケースがあるはずです。

 

この難聴は、ムンプス難聴と呼ばれることもあります。ムンプス難聴は、おたふく風邪が原因となって引き起こされる、重い難治性の難聴です。おたふく風邪で、まれに難聴になることを知っている人も少なくないでしょうけど、その難聴が重い症状であることや、治らないと言うことは、意外とご存知の方も少ないと思います。

 

実は、統計によりますと、おたふく風邪にかかった人の中で、1000人に1人が難聴を発症してしまっていることがわかりました。1000人に1人と言う数字は、割と、高い数字ですので、他人事ではありませんよね。毎年、日本では700人から数1000人が、おたふく風邪が直接の原因となって、難聴になっていますから、その発症人数の多さに驚きます。

 

おたふく風邪が重症だから、その結果、難聴になると言うわけではなく、軽度のおたふく風邪でも難聴になることがあります。もともと、おたふく風邪というものは、みなさんもご存知のように、30パーセントの方は、不顕性感染です。

 

これらの方は、おたくふく風邪にかかっていても、症状が出ない状態の方です。そして、怖いことに、この不顕性感染の状態であっても、難聴が発症してしまうと呼んでいるのです。

 

軽度どころか、おたふく風邪にかかっていることを自覚していないようなケースだったとしても、難聴を発症してしまうことがあるようです。おたふく風邪で難聴が出る場合、発症の1週間以内に急激に難聴の症状が出ます。

 

多くの方は、片側の耳ですが、両側の耳に起こる場合もあります。成人が、おたくふく風邪になった場合、耳鳴りや眩暈が伴う場合がありますが、子供の場合は、聴力が低下する症状が起きます。

 

何が原因で難聴になるかと言えば、その原因として、内耳へウイルスが感染してしまうことです。おたくふく風邪ウイルスが、耳の中へと進んでしまいますねが、このとき、耳下腺の腫れが大きい、小さいとは、無関係です。耳下腺が腫れないようなおたふく風邪であっても、難聴は発症しますから、腫れの程度で判断しないようにします。

 

たくさんある難聴の症状は片側に出るので、もう片方が聞こえていれば、本人も、家族も難聴の症状に気が付かません。ですから、もし、お子さんが、おたふく風邪になってしまった場合、毎日、聴力のチェックをすることがおすすめです。

 

耳元で指をこすり合わせ、音が聞こえるか、チェックしてみてください。おたふく風邪が要因で、残念ながら難聴になってしまった場合、特に有効な治療方法もありませんので、元通りに回復することは、望みが薄いといえます。

 

そこで、難聴を予防するためにも、大切なものが、ワクチンです。おたふく風邪のワクチン接種、みなさんはきちんと受けていますか?

 

WHOの統計によってますと、おたふく風邪ワクチンなどを含んだ「MMRワクチン」の定期接種をしてない国は、先進国の27カ国のうち、日本だけだそうです。世界的に言うと、MMRワクチンの2回定期接種によって、おたふく風邪や、おたくふく風邪難聴の発症はほとんど見られないというのです。

 

ワクチン接種は副作用などが、心配というお母さんもいらっしゃいますが、おたふく風邪が軽い病気でないことを認識しておかなければならないのですよね。難聴と言うかなり重い合併症がある事も、広く知られていないことです。

 

そして、合併症の予防にワクチンが有効であることを日本人の私たちは、もっと認識しておかなければならないでしょう。

 

ということで、おたふく風邪によって、不運にも難聴になってしまう子供が、ゼロになるように、ワクチンの接種をお勧めします。一才で接種する、麻疹風疹のワクチンのあと、4週あけて、すぐにおたふく風邪ワクチンを接種してくださいね。1才以上のお子さんで、まだ受けていない方は、早いうちから接種することをお勧めします。

 

1つの耳が難聴になってしまいも、片耳が正常であれば、普段の生活や、社会生活に支障はないと思われます。かと言って、もし、お子さんが将来、音楽の道に進みたいと言い出したら、その場合は、片耳の難聴は、致命的とされているんです。

 

音楽好きな子供に成長したとしても、最初から、将来の夢が閉ざされてしまうことはかわいになるものですからね。そういうことがないように、親として出来る予防方法は、唯一、ワクチンを接種させる事でしょう。

 

 

 

 

アズマ補聴器センター新居浜店
〒792-0812 愛媛県新居浜市坂井町2丁目2−18
TEL 0897-35-2277

愛媛県

松山市・今治市・新居浜市・西条市・四国中央市・宇和島市・大洲市・西予市・伊予市・八幡浜市・東温市・松前町・愛南町・砥部町・内子町・鬼北町・伊方町・久万高原町・上島町・松野町

病院名 鷹の子病院郵便番号〒 790-0925所在地愛媛県松山市鷹子町525-1電話番号089-976-5551診療科目リハビリ科 眼科 耳鼻咽喉科 循環器科 糖尿病・内分泌科 内科 脳神経外科病院名 松山赤十字病院郵便番号〒 790-8524所在地愛媛県松山市文京町1番地電話番号089-924-1111診療科目リウマチ科 リハビリ科 外科 眼科 気管食道科 形成外科 呼吸器外科 呼吸器内科 産婦...

病院名 愛媛大学医学部附属病院(愛媛大学病院)郵便番号〒 791-0295所在地愛媛県東温市志津川454電話番号089-964-5111診療科目内科 精神科 循環器科 小児内科 外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 神経内科

木口内科〒791-3132 愛媛県伊予郡松前町大字西高柳110−1TEL 089-984-3729