難聴-名医のいる病院や有名な病院

ネットで話題の難聴改善法のご紹介

1 今野 清志

この方法は、現在までに5万人以上の方の難聴を改善へと導き、9割の方が改善した事が証明されています。


>> 詳細はこちら

2 南輪明希

1日たった9分の簡単なトレーニングを自宅で自分ひとりで行い、わずか28日で大幅に改善した難聴改善プログラムがあるとしたら、あなたも試してみたいと思いませんか?

>> 詳細はこちら

ヘッドフォン難聴

皆さんは、聴力が落ちてきたと思うことはありませんか?耳が聞こえなくなるのは、なにも老化ばかりが原因ではありません。その証拠に、若い方であっても難聴に悩まされる方もいらっしゃいます。
難聴が年齢以外に関係していることは、生活習慣であったり、仕事の問題であったりします。仕事の場合は、騒音が発生しているような場所で、毎日、仕事をすれば職業病として難聴になる方もいらっしゃいます。

 

また、若い方ですと、生活習慣で難聴を起こす方も多く、原因のひとつとして、ヘッドフォンで音楽を聴く事が挙げられています。ヘッドフォンでいつも音楽を聴いている方は、特に気をつけておきたいのは、大音量で長い時間、音楽を聴き続けるという行為です。

 

みなさんのなかでも、コンパクトな携帯型の音楽プレイヤーを持っている人が多いみたいです。いろいろなメーカーから、さまざまなタイプの携帯型プレイヤーが発売されていますから、現在では、小学生から中年層の方まで、幅広い年齢層の方に人気があります。

 

通勤や通学の電車やバスなど、移動中は、必ずヘッドフォンで音楽を聞いているという方もいらっしゃいます。それが癖になったのか、中には、ベッドの中で、夜、眠りに落ちるまで、音楽を聴き続ける事でいる人もいるみたいですよね。

 

また、ジョギングしながら、自転車に乗ってながら、音楽をヘッドフォンで聴いている人も増えてきているのです。
以上のように、現在は、移動中に音楽を聴くことが、当たり前になってきましたねよね。

 

ヘッドフォンで音楽を聴くといった習慣だからと言って、考えてみれば、そもそも、耳にとって負担を掛けていることなのです。ヘッドフォンを使うため、耳から、とても近い距離で音が鳴り続けているわけです。普通の生活で、このように近くで大音量が鳴ることは、ありえないことだといわれています。
大音量が続けば、耳への負担も相当、大きいものだと考えられます。このような状態が続くと、年齢が若くても難聴になりやすく、最近では、ヘッドフォンによる難聴、「ヘッドフォン難聴」と呼ばれる病気が出てきました。ヘッドフォン難聴は、そのダメージが、日々、たまってるので、本人が知らず知らずのうちに進行してしまいます。

 

ヘッドフォンで大きな音を聞き続けているため、耳や中の神経がダメージを受け続けることによって、本来の機能を維持できなくなってしまいます。ヘッドフォン難聴は、その結果、聴力が低下してしまう病気です。

 

時に「音響性難聴」と呼ばれることもあり、音楽関係で職種上、ヘッドフォンを付けて長時間、音を聴いている人にも起こります。音量が大きかったり、周波数が高かったりすると、難聴になるリスクがますます高まります。

 

ヘッドフォン難聴や、音響性難聴は、一度、悪化してしまうと、その後、慌てて治療を行っても、元の状態に戻すことが困難です。ですから、残念なことには、このようなことが要因で聴力が下がってしまったら、そのままで、生活していかなければならない状態です。

 

では、ヘッドフォン難聴の症状は、どのように起こってくるもので、どんな感じで気が付くのでしょうね?

 

ヘッドフォン難聴は、はじめ、高い音から聞き取れにくくなります。そして、徐々に範囲が広がり、会話も含まれている音域なども聞こえが悪くなってきます。このタイプの難聴は、若いうちにも発症される人が多い為、年齢を問わず、皆さんが気をつけておかなければならない難聴の種類だと言えるでしょう。

 

そもそも、音と言うのは、空気中を伝播する間に、高周波の成分が弱くなります。だからって、ヘッドフォンで聞いている場合、この高周波帯の音は、弱まりません。そして、内耳は、比較的、高い周波数の音に障害性が出やすい部分です。

 

このことから、同じボリュームで、音楽を聞いていても、部屋のステレオと、ヘッドフォンとでは、ヘッドフォンの人が、高音域の周波数帯が強く含まれることになります。ヘッドフォンで長い間、音を聞いていると、耳が疲れると感じる人も多いのは、この高音域が強く感じることが関連していると思います。

 

音楽であったとしても、TVであっても、ビデオだとしても、それは、同様に感じますよね。各声部の音が、より鮮明に聞こえすぎて、耳が疲れると言う事なのようです。

 

また、ヘッドフォン難聴の要因として考えられる、ひとつとして、プレイヤーに付帯している、オープンエア型のヘッドフォンが挙げられるでしょう。

 

これを屋外で聞くと、騒音下で聞いてしまうから、如何しても音量が大きくなる傾向にあります。オープンエア型のヘッドフォンのただしい使い方、皆さんは知っていましたか?

 

オープンエア型のヘッドフォンは、静かな部屋でヘッドフォンを使用して、音楽を聞きながらも、通常の会話ができるレベルでなければなりません。このレベルで使用することが安全になるのですが、外で使うと、どうしても大きなレベルになってしまうみたいです。

 

クローズド型ヘッドフォンの場合、片方のヘッドフォンを外して、そちら側から聞こえる、会話の声と、ヘッドフォンの音の大きさを比較するっていう方法もおすすめです。

 

ウォークマン型では、とかく、騒音の多い外で聞くケースが多いのですが、可能でしたら、密閉型のヘッドフォンを使用し、外の騒音を切ることがお勧めです。それなら、大音量になる事はないでしょうが、外の音が聞こえにくいので交通には十分、気をつけなければならないのです。

 

オープンエア型ですと、周辺の音も聞こえてしまうため、音楽のボリュームを上げるようになってしまいます。どちらにしろ、ヘッドフォンで長時間、聞くことは聴覚疲労につながるため、好ましいことではないでしょう。

 

では、このヘッドフォン難聴にならない為には、どのような予防が行えるのでしょう?日頃の心がけ次第では、難聴の症状が現れることを防ぐことが可能なので、ヘッドフォンを用いて音楽を聴くことが多い方は、ポイントを抑え予防しておきたいものですね。

 

まず、ヘッドフォン難聴は、ヘッドフォン、長時間、大音量、このみっつの要素が原因となっています。ですから、これらの要素を取り除いてあげることが予防となります。

 

もし、みなさんがヘッドフォンで音楽を聴く毎日を送っているのでしたら、音量はあまり大きくしすぎないことでしょう。ヘッドホン難聴という現代の病気にならないよう、音の量が予防のポイントですね。特に、屋外で、ヘッドフォンをつけ、お気に入りの音楽を聴いている方は、街中の騒音、雑音の中でも音楽を聞けるようにボリュームが大きくなるでしょう。

 

電車の中など、ヘッドフォンの外にもれるほど大きな音量で聞いている人がいますが、あれは良くありません。自分自身が気をつけて、いつも意識的に音量を小さめにするようにしたいですね。

 

また、耳を休める時間を意識して作成することです。ずっと音楽を聴いていたい方もいらっしゃるでしょうが、耳を休める時間を毎日、きちんと設けることも大事です。それから、耳を休めず、いつも音楽を聴いていると、ヘッドフォンの音に耳が慣れてしまうこともあり、ボリュームが大きくなる理由にもなっています。

 

とにかく、ヘッドフォンを利用した方は、普段から、意識的に音を小さくするようにしなくては、難聴を予防できません。いったん、音が聞こえづらくなる現象が起きたり、難聴の症状が出たりすると、耳鼻科に行き、治療で回復することは難しいといわれているんです。

 

ヘッドフォン難聴は、残念ながら治療することがむつかしい病気なのです。ですから、予防がどんなに大切かおわかりになると思います。また、ヘッドフォン難聴になりがちな人とは、騒音性難聴、音響性難聴になったことがある人です。

 

片側性難聴例がある方、先天性難聴の軽度から中等度の難聴がある方なども、ヘッドフォン難聴のリスクが高いのではないでしょうか?こういう方は、ヘッドフォンで大きな音を聞き継続すること、難聴へのリスクを高めるので、避けたほうが良いと思います。

 

一度、発症した時には、元に戻らないことが多いので、後悔してもどうしようもありません。ですから、ヘッドフォン難聴といった言葉さえ、知らない人がいるということが、とても危険だと思うのです。知っていれば予防も出来ますが、知らなければ予防することもが出来ませんからね。

 

例えば、これからずっと音楽に携わって仕事をして行きたいと思っている若い人が、いつも移動中にヘッドフォンで大きな音を聞いていたら、将来の夢もかなえられなくなるのです。耳を大切にしていかないと、将来、やりたい仕事にも就けなくなる可能性が生じるのです。

 

音楽を仕事にしたい方でしたら、耳がダメになると、それは致命的ですから、特にミュージシャンになりたい方、レコーディングエンジニアなどに憧れる方は、もっともっと耳を大切にしていかなければなりません。難聴になってしまった場合、普段の暮らしも不自由になるほか、音楽が好きな人にとっては、音が聞きづらくなることは、他の部位の病気よりも、つらい思いをする可能性もあるといえます。

 

ですから、ヘッドフォン難聴にならないよう、いつもの暮らしで気をつけていくことが大切ですし、このような疾患の事を知らない人がいたら、家族や周囲の人が、教えてあげることも大切だと思います。

 

 

 

さかい耳鼻咽喉科クリニック
〒640-0424 和歌山県紀の川市貴志川町井ノ口1576−1
TEL 0736-67-7233

 

おく耳鼻咽喉科
〒649-6205 和歌山県岩出市森277−1
TEL 0736-69-1733

 

ナカノ時計メガネ
〒649-7161 和歌山県伊都郡かつらぎ町大字笠田東108−6
TEL 0736-22-0813

和歌山県

和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・新宮市・紀の川市・岩出市・紀美野町・かつらぎ町・九度山町・高野町・湯浅町・広川町・有田川町・美浜町・日高町・由良町・印南町・みなべ町・日高川町・白浜町・上富田町・すさみ町・那智勝浦町・太地町・古座川町・北山村・串本町

病院名 和歌山県立医科大学附属病院(和歌山県立医大病院)郵便番号〒 641-0012所在地和歌山県和歌山市紀三井寺811-1電話番号073-447-2300診療科目血液内科 呼吸器外科 呼吸器内科 産婦人科 リハビリ科 外科 眼科 アレルギー科 歯科口腔外科 耳鼻咽喉科 循環器科 小児内科 消化器科 心臓血管外科 神経内科 整形外科 精神科 糖尿病・内分泌科 内科 泌尿器科 皮膚科 婦人科 放射線...

病院名 国立病院機構 南和歌山医療センター郵便番号〒 646-8558所在地和歌山県田辺市たきない町27-1電話番号0739-26-7050診療科目内科 一般内科 肝臓内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 腫瘍内科 小児科 小児アレルギー科 外科 消化器外科 胸部・心臓血管外科 呼吸器外科 乳腺外科 整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 ...